読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテない限り、馬鹿はバレない

そう!モテるとはバカにバレることなのです!先に、謝っておきます。異論は認めるが聞く耳を持たない。。

2014 MUSIC MY BEST 5

あけましておめでとうございます。
今年もこの季節がやってまいりました。
年末年始恒例の「MUSIC MY BEST5」(本来は12月31日に発表している)
その年、出会ったアーティスト、アルバム、シングルなどごちゃまぜのトップ5を決めるこの企画。すごく昔のアーティストが1曲のみでランクインしたりもします。そこがこの企画の醍醐味かなあと思います。

 

2014年はFM付きの職場に転職したこともあり、これまでにないジャンルの幅と曲数に出会い、豊作の年でした。誠にうれしい限りです。

 

さっそくですが「MUSIC MY BEST5」2014
第5位からカウントダウン方式で発表です。
 
 
 
第5位
宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-」


LOVE PSYCHEDELICO - 光 (『宇多田ヒカルのうた』より) - YouTube


宇多田ヒカル15周年記念企画の第二弾であるこのアルバム。井上陽水浜崎あゆみなど名だたる音楽家による13の解釈をまとめたアルバム。どの曲も宇多田ヒカルのうたに新たな命が吹き込まれ、新しい楽曲に仕上がっている。注目してほしいのが、浜崎あゆみの「Movin’on without you」。意外と評価が高い(NAVERまとめができあがるくらい)。オススメはLOVE PSYCHEDELICOの「光」とキリンジの「keep tryin'」
 


KIRINJI - Keep Tryin' (『宇多田ヒカルのうた』より) - YouTube


 
 

第4位
Pharrell Williams 「Girl」


Pharrell Williams - Happy (Official Music Video ...


2014年の顔とも言えるこのアルバム。世界各地で「HAPPY」ご当地PVが生まれるブームが起きた。当然、見ぬふりすることができなくて初めてちゃんと聴いたファレルを聴き倒した。ファレル自身は、このご当地PVブームを受けて、「この曲は、もはや僕だけのものではない」と感涙した。オススメはおれたちのDaftpunkとのコラボ「Gust of wind」Alicia Keysとのデュエット「know who you are」


Pharrell Williams - Gust of Wind - YouTube


Pharrell Williams - Know Who You Are (Feat. Alicia ...

 
 
 
第3位
Sia 「Chandelier」


Sia - Chandelier (Official Video) - YouTube


オーストラリア出身アーティストのシーア。この曲はアル中の両親を持つ自身の体験を元に歌っている。暗く重苦しいテーマを、見事に芸術と言える完成度まで昇華している。PVに出演したマディ・ジーグラーちゃんはこの曲で世界的アイドルに。コンテンポラリーダンスはとてもエネルギッシュでその生命力に眩しさすら感じる。特にカーテンを使った演技で見せた流し目に永遠を見た気がする。もし子供が産まれたらバレエを習わせたいと思った。
 
 
 

第2位
Indigo la end 「瞳に映らない」


indigo la End - 瞳に映らない - YouTube


いま日本でメンヘラ心情を歌わせたら右に出るものはいないんじゃないかと思わせるこの曲。ほんとに自分のことしか考えてないメンヘラの極致。ワガママ。承認欲求。元祖メンヘラ歌手・中島みゆきの後継者になれる。しかし、時に極度なメンヘラは芸術へと進化し人の心を掴んで離さないパワーがある。「モテキ」や「アゲイン!」の作者・久保ミツロウ先生曰く、「本当に素晴らしい芸術とは、一度こちらをドン引かせる」。それを体現していると思った。そして、ここまで言っておきながら気持ちを少し理解できてしまう恐ろしさ。そして、つつかれたくない部分をお寺の鐘つき棒・橦木でゴーンとついてくる衝撃度。しかも、男性が歌っている。邦楽の未来は明るいです。(めちゃくちゃ言ってるけど、褒めてます。)
 
 
 

第1位
First Aid Kit 「Stay Gold」


First Aid Kit - My Silver Lining - YouTube


運命って実在する。たまたま試聴機でたまたまかけたアルバムから放たれた電流が全身を襲った。うわあああああ!これだあああああ!北欧の妖精たちがきらびやかで少し寂しげなメロディを歌い上げれば、まだこの目で見ていないけど、懐かしの故郷に帰ったかのような錯覚を覚えた。目を閉じればそこに風吹く大草原や雄大な山々が広がる風景が容易に想像できる。スウェーデン出身のアコースティック・ポップ・デュオ。奇しくも出会ったタイミングがフジロックに出演したあとで、ライブを観賞できなかったのが心残り。妹は浜崎あゆみを知って以来、親日家でもある。(浜崎あゆみってすごいな。再評価されても、いいじゃ〜ないの〜?)オススメ曲は「My Silver Lining」「Stay Gold」


First Aid Kit - Stay Gold (Stockholm Session) - YouTube


 
 
 
 

いかがでしたでしょうか。
2014年はこんなランキングになりました。
毎年洋楽ロックばかりなので、
今回は邦楽勢や新たなジャンルが意外と強かったなと思います。
ていうか大好きな洋楽ロックがないことに気がつきました。
これはすごいことかもしれない…。

 

みなさんのオススメやランキングも知りたいです。

恥ずかしい場合はこっそりメッセージください。

 

あー今回も楽しかったなあ〜。
それではまた年末に!