読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテない限り、馬鹿はバレない

そう!モテるとはバカにバレることなのです!先に、謝っておきます。異論は認めるが聞く耳を持たない。。

デンジャー・ゾーン

はじまること うれしかったこと 中村組 宣伝会議賞
事態は思わぬ方向へ。


先日、無事怪我もなく
宣伝会議賞贈賞式を終えることが
できました。

とても楽しく素敵な時間が
過ごせました。

ぼくが通っていた教室、
通称N組からなんと
ぼくを含め6人の受賞という
過去最高の結果でした。
しかもファイナリスト3人とも受賞。
組長もとてもうれしそうだった。

とても喜ぶべきことなんだけど、
それよりもふつふつと感じることが。


このままじゃヤバイ。


たとえまぐれだったとしても、
この受賞はこれからぼくに
まとわりついてくる。

あいつはこれくらいはできる。
でもあれからパッとしない。
やっぱりまぐれだったんだ。

そんな風に思われるかもしれないって。

だから贈賞式の最中から、
ぼくはだんだん怖くなってきた。

もっとがんばんなきゃって。
そう思った。

次はもっといい結果を
出さなきゃいけない。

4桁応募を目標にした今回。
〆切を迎えた数日後には、
次回の目標はすでに決まっていた。

イデアと表現力を高めること。

数は少なくてもいい。
それでも自分が納得できる
自分がいいと思ったコピーを
一本でも多く書くこと。

これが目標だ。

壇上に上がるN組のみんなを見て、
ぼくは興奮と嫉妬を覚えた。

「いつか」はあの壇上に
と思っていたが、
「いつか」という思いは
「次回」へと変わった。

それが最大の収穫かもしれません。

もう第52回宣伝会議賞
始まっています。

やったるぜ。

ってことでお聴きください。